ホームホスピスもりの家

きめ細かな医療的ケアと介護で、
安心して暮らしていただける「家」を。

患者様が望む場所で望むように生を全うできるように。
そしてご家族様にも安心してお任せいただけるように。
もりの家では看護師と介護士がしっかりと連携して、
きめ細かい医療的ケアと介護、日常生活のお手伝いをいたします。

ホームホスピスとは?

ホームホスピスは、最期まで自分らしく暮らせる「家」です。

ホームホスピスは、病院でも介護施設でもありません。ホスピスの理念に沿って、病や障がいがあっても最期まで個人の尊厳を持って暮らすことができる「家」です。アットホームな環境の中で、福祉と医療のプロが生活をお手伝いいたします。

「病院で過ごすのは望まないけれど、家族での介助や介護は大変。」そのようなお声にお応えするための福祉サービスです。

ホスピスの理念

ホスピスの理念は「痛みや苦しみを和らげる看護・介護をおこなうこと」です。
患者様には、身体的苦痛(痛み、だるさ、動けないなど)・精神的苦痛(不安・恐れ・怒り・うつなど)・社会的苦痛(仕事・人間関係・経済面など)・スピリチュアルペイン(人生の意味・罪の意識・価値観の変化など)があるといわれています。患者様の辛さはもちろん、その患者様を支えるご家族様の痛みも含め、共に生きてゆきます。

ホスピスがおこなう「緩和ケア」

緩和ケアとは、生命の危機に直面している患者様とそのご家族様のQOL(クオリティー・オブ・ライフ)を改善するアプローチを指します。痛みやその他の苦痛を早期に発見し、的確な対応をすることで苦しみを予防していきます。

もりの家の特徴

完全個室のお部屋
お部屋は6部屋ありすべて個室です。自分だけの空間で気兼ねなく過ごしていただけます。ご自宅と同様に、介護保険サービスをご利用いただけます。
対象は常駐介護が必要な方
もりの家のご利用は、病気や高齢などにより常駐介護が必要な方が対象です。介護スタッフが24時間常駐しており、日中は看護師も常駐しております。
医療・福祉事業と連携
介護支援事業・ヘルパー事業(訪問介護)・訪問看護事業と連携しており、きめ細かなサポートが可能です。ご家族様の介助・看護の負担を軽減します。

1日の流れ

病院や施設のような、決められたスケジュールはありません。

もりの家には、病院や施設のような決められた生活時間・面会時間・プログラムなどはありません。患者様の好きな時に好きなことをして、自分らしく今までどおり過ごしていただけます。

病や障がいがあっても、最期まで個人の尊厳を持って暮らせる「家」として、日常生活をサポートいたします。

生活の様子

季節と体調に合わせ、ドライブしたり、お花見、節句など季節の行事を取り入れています。
医療器具を使っていたり、病気の状態によっては外に出ることができない方もいらっしゃいます。
そのため、施設内で催し物をしたり、季節に合わせて食事を工夫したりして、季節をかんじてもらえるように、皆で工夫しています。

  • ハロウィンの準備!皆でコツコツ作業をしてくれています。
  • 体調がいい!天気がいい!ということで外にドライブに出かけました。
  • あまりに天気がいいので、シャボン玉で遊んでみました。
  • お雛様に合わせてカワイイちらし寿司を作ってくれました。
  • 手作りケーキにも挑戦してみました。